鮮度の良いブロッコリーの選び方

初夏と冬、一年に二度旬な時期があるといわれているブロッコリー。食物繊維の他に、カロテン、ビタミンCなどが含まれており、非常に健康によい緑黄色野菜としても知られています。においにクセもなく、サラダやパスタの具など色々な料理に使えて食べやすい食材であるため、積極的に摂取するようにしたいものです。

 

鮮度の良いブロッコリーの見分け方

そんなブロッコリーの見分けかたは、まず粒の大きさが小さく密であり、かつ表面が緑色をしていることがポイントです。一個一個の粒が広がっていたり、既に緑から黄色へと色が変わってきてしまっている場合は旬の時期を過ぎているので避けた方が良いでしょう。よくスーパーの店頭で、つぼみとつぼみの間に空間が出来てしまっているものを見かけますが、空間があると空気が入り鮮度がすぐに失われてしまいます。また、乾燥するので食べても味気ないと感じることがあるかもしれません。

 

ブロッコリーは傷みやすい

ブロッコリーはたくさんある野菜の中でも特に鮮度がうしなわれやすく傷みやすい特徴があるため、新鮮さが保たれたまま店頭に並び続けるというのは難しいです。出来れば取れたての露地物をいただくのが最高なのですが、出荷され一定時間置かれたものを買うのですから多少しなびているのは仕方がありません。ですが、せっかく買って食べるのですから、出来るだけ栄養価の失われていない新鮮なものを選んでいきたいものです。ぜひ、見分け方を参考にされて、ベストな状態のブロッコリーを選んでいただきたいと思います。

コメントは受け付けていません。