子供が食べる野菜について

育ち盛りで人生が始まったばかりの子供たちには、放射能汚染の影響はより深刻な問題です。子供たちが、放射能に汚染された食品を口にして体内に取り込むことは、細胞分裂化活発で放射線の影響を受けやすい時期であるため、遺伝子的な問題を引き起こして甲状腺や白血病などの原因となりかねません。また、セシウムなどは今後何十年にわたって体内に蓄積して放射線を出し続けることになり、人体への影響は計り知れません。

ただし、野菜は健康を維持し健やかな成長に必要不可欠な食材なので、放射性物質を避けるあまりに野菜の摂取量が減ってしまうことは、放射性物質以上に子供たちの成長に悪影響を及ぼすので、これまで通りの沢山の野菜を食べることが必要なのです。

 

安全な野菜を食べさせる目的とは

子供の体は放射能に対して弱く、同じ量の放射性物質を摂取した場合には子供の体への影響は成人の10倍も受けると言われています。成人ではおおよそ1000ミリシーベルトも被爆すれば、吐き気や鼻血などが現れてくるといいますが、子供の場合は成人に比べて身体が小さく未発達な器官もも多いことから1000ミリよりもずっと小さい値の被爆でも健康に大きな影響を及ぼします。子供の食べる食材としては、出来るだけ放射能に汚染されていない放射性物質が不検出の食材を使ってあげたいものです。

 

野菜に含まれる放射性物質の量のみでなく、生産地の放射線量も重要

安全な野菜を選ぶときに気を付けたいことは、生産者側でその地域や土壌の放射性物質のモニタリングが実施され、精算された野菜自体も放射性物質の検査がされているかどうかが重要です。

たとえ、放射性物質の影響が少ない北海道が生産地だからいって、その安全というわけではなく、北海道の土壌そのものが安全であるか、そして、野菜そのものに放射性物質が含まれていないことを見極めなければなりません。

産地を確認したら、その地方の自治体がシッカリと放射性物質のモニタリングを行っているかをホームページなどで確認するとよいでしょう。また、自治体でなくとも、生産者が独自に検査を実施している農家から野菜を購入するのも良いです。子供が健康に成長し、生涯にわたり健康でいられるために、人体に害のない安全な野菜を選びましょう。

コメントは受け付けていません。