放射性物質の影響が少ない西日本の野菜

西日本産の野菜、と聞くと、最近ニュースや雑誌などで取りざたされている放射能汚染の問題をすぐに思い浮かべます。関東の野菜を気にせず食べているという方も多いですが、小さいお子さんを抱えるご家庭ではやはり安全性の高いものを食べさせてあげたいと思うのではないでしょうか。また、甲状腺の疾患をお持ちの方やそれ以外の疾病を抱えており病弱だという方も、汚染されてしまった野菜を食べることに不安を抱かれているのではないかと思います。

 

西日本産野菜のメリットその①

西日本といえば一般的には関西以南の地域を指しますが、四国や沖縄などの島を除けば、ほとんどの地域から陸路のみで野菜を運ぶことができ、万が一悪天候であった場合も飛行機が飛ばない、船が出せないという問題はありません。なので、地元よりは少々割高であっても確実に自宅まで野菜が届けられるというメリットがあります。

 

西日本産野菜のメリットその②

そしてやはり、汚染がされていないということが西日本産野菜の一番の魅力といえます。放射能に汚染された土壌は、土をまるごと除染するか新しいものに入れ替えをしない限りは汚染ゼロの野菜を作ることはできません。山も同様で、たけのこやきのこなど自然に自生している野菜もすべて、降り注いだ放射能によっていくらか汚染されているといえます。山の土を全て入れ替えることはできませんし、立派に実った野菜も食べることはできませんので、やはり西日本産のものを購入した方がずっと確実で安全といえます。

コメントは受け付けていません。