関西産は放射性物質の心配なし

放射能汚染、農薬、輸入ものなど、とかく安全性が問題視されている野菜。口にするのが大人だけであれば問題はありませんが、小さいお子さんや成長途中のお子さんの健康については無視することができません。特に、子供の身体は大人に比べてずっと放射能に弱いため、被ばくの度合いによってはすぐに健康を害してしまうということも考えられます。今回は、関西産の安全な野菜のメリットについて考えてみたいと思います。

 

関西産野菜のメリットその①

関西まず第一に放射能汚染地域からとても離れているということです。場所ごとに汚染レベルが異なるとはいえ、やはり関東地域で採れた野菜は心から安心して食べることができないというのが現状です。しかし、関西地域の野菜であれば東海地方や中部地方を介しているため、関東のものに比べて格段に安心できるといえます。

 

関西産野菜のメリットその②

メリットの二番目としては、安全な野菜が陸路ですぐ手に入るという点です。東京に住んでいる家族が汚染されていない野菜を買い求める場合、確実に安心できるのは北海道や沖縄など海を隔てた離島地域のものが一番です。しかし、離島地域の野菜を首都圏まで運ぶには時間も料金もかかります。野菜は毎日の食生活に欠かせないものなので、もし天候や運送上の問題などが発生すれば何日も家に届かない、ということも十分考えられます。もし1週間以上野菜を食べないということがあれば肌の調子や便通など健康問題にもかかわってきますので、出来るだけ近い場所から野菜を購入したいものです。そういった意味で、関西産の野菜は陸路で安全に運ぶことができますし、日数も離島に比べてずっと短くて済むメリットがあるといえます。

コメントは受け付けていません。