九州産は放射性物質の心配なし

昨年の東日本大震災にともなう原発事故により、首都圏の野菜の生産地として名高い茨城や千葉の野菜の消費が危ぶまれています。首都圏で野菜を購入する場合、必然的に近隣地域の野菜を消費することになりますが、子供は大人の10倍も放射能によって健康に影響を受けてしまうとも言われており、関東に住むお子さん、そしてこれから出産される妊婦さんへの健康被害もとても心配です。

 

九州産の野菜は安全、かつ美味しい

そこで注目されているのが、九州産の野菜です。九州は西日本の中でも最も南に位置し、かつ首都圏とは陸続きであるため、仮に宅配を頼んだ場合でも配送に船便や航空便を使用する手間がかからず、陸路で安全に野菜を届けてもらえるというメリットがあります。また、九州地方は距離的な面からも放射能汚染のリスクが軽減されていることは言うまでもありません。特に妊娠中の方、小さいお子さんがいるご家庭などでは出来るだけ安全な野菜を食べたい、あるいは子供に食べさせてあげたいと思う方も多いのではないでしょうか。

九州地方は竹林面積が日本一の北九州市でとれるたけのこ、宮崎のピーマン、鹿児島のさつまいもなどが特に有名ですが、普段食べているキャベツやレタスなどもとても新鮮で美味しいと評判です。健康を第一にと考えるならば、ぜひ九州産の野菜を購入されることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。