放射性物質の心配がない沖縄産

原発事故以降、離島地域の野菜に非常に注目が集まっています。今回は、九州・沖縄地方の野菜について考えてみたいと思います。沖縄ではキャベツ、トマト、きゅうりなどの一般的な野菜はもちろん、ゴーヤ・うりずんまめ、島にんじんなど沖縄特有の耐暑性のある野菜まで幅広く生産を行っています。

気になる放射能汚染の心配もほとんどなく、必要な野菜からちょっと珍しい野菜まで、インターネット通販やカタログ通販、電話などで気軽に手に入れることができます。

 

沖縄産野菜のすすめ

私たちがよく食べるキャベツはトマトなどはもちろんおすすめですが、沖縄の野菜として最もおすすめしたいものは不老長寿の薬として民間療法に長年用いられて来た「ハンダマ」別名「すいぜんじな」です。この野菜は沖縄などの暑い地域にしか自生しておらず、おひたしやあえもの、雑炊、味噌汁の具としても非常においしく食べられます。ビタミンの他に鉄分、ポリフェノールが含まれており、葉の裏側はワイン色をしているという珍しい植物でもあります。ほうれんそうをイメージさせるような野菜ですが、ワイン色の葉というのは何とも新しい感じがします。

また、沖縄といえばすぐに思いつく野菜「ゴーヤ」も普通の野菜と一緒に手に入れることができますし、通常のものよりもずっと太くて重い「島だいこん」もおすすめです。いつもと同じ野菜に、こうした特産品を取り入れてみると、レシピの幅が広がって食事もさらに楽しくなるのではないでしょうか。安全な沖縄産の野菜を購入しよう、と考えている方には、沖縄でしか手に入らない野菜も一緒に賞味されることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。