放射線量が極めて低い北海道産

北海道といえば、じゃがいもやとうもろこしなど、広い畑で採れる野菜が非常に有名です。実際、北海道は昨年3月の原発事故で放射能汚染が全国的に広がっていたときもほとんど汚染されていない地域として注目されました。津軽海峡に吹く強い風が放射能を遮ってくれているということで、北海道の野菜は安全な野菜として注目されています。

 

北海道で採れる野菜や果物は新鮮で美味しい

北海道では一年を通して、色々な野菜を食べることができます。普段色々な料理に使うたまねぎやにんじん、じゃがいもは初夏から秋にかけて旬な時期が続きますし、道内各地で全国へ産地直送サービスを行っているので北海道へ行かなくても新鮮な採れたての野菜を家庭で楽しむことができます。野菜の他にもメロンやいちご、プルーンなどの果物も野菜同様に美味しいと評判で、こちらも地方発送をしている直売所や農家がとても多いです。

 

北海道の放射線量について

また、よく問題になっている放射能汚染についてですが、「北海道放射線モニタリング総合サイト」の測定結果によりますと、現在の北海道では放射性物質は不検出あるいはきわめて低い値となっており、全く異常はないという結果が得られています。全国平均から見ても北海道は非常に放射線量値が低いので、とても新鮮で美味しいうえに、さらに安全性も保障されている野菜を購入するには非常に適しているといえます。

コメントは受け付けていません。