ニンジンの選び方

旬とされる時期が10月から2月までと、一年の中でも比較的いつでも食べることができるニンジン。特に秋や冬のうちは、カロチンやビタミンを有するこの野菜を積極的に摂取していきたいものです。

ニンジンの中に多く含まれるカロチンは喫煙に関する各種ガンの発生率を低くしてくれる効果があるとされ、また動脈硬化にも効果的だということです。さらにビタミンAは抵抗力を上げ粘膜を作るために必要な成分で、風邪をひきやすい秋から冬の寒い時期にはとても重要な栄養素といえます。スーパーでニンジンを買う時は、せっかくですから栄養素がぎっしりつまった美味しいニンジンを購入したいですよね。

 

鮮度の良いニンジンの見分け方

ニンジンの正しい選び方は、外見にツヤがあって色が均一に濃く、はっきりとしているものが良いです。全部同じように思えてしまうかもしれませんが、明らかにツヤが失われているようなものは鮮度が過ぎているニンジンですので、そこで区別ができるかと思います。また、茎部分の直径が小さければ小さい程、本体の芯が細いため、柔らかくて甘みがあります。茎に既に芽が出ていたり、茶色に変色しているようなものは鮮度が落ちているので避けましょう。

サラダやジュース、あるいは鍋物やカレーなどにんじんには色々な使い方ができます。免疫力と抵抗力をしっかりとつけて、寒い時期を乗り越えていくためにも、鮮度が良く栄養をしっかりと摂れるようなニンジンを選んでいきたいものですね。

コメントは受け付けていません。