美味しいナスの選び方

低カロリーで夏の食材としてもぴったりのナス。袋入りされているものも多く、一つ一つを細かく見分けられないことも多いのですが、できるだけ美味しく新鮮なものを見分けていきたいですよね。

 

鮮度の良いナスの見分け方

選び方としては、まず実がふくよかで、先端から下にかけて全体的に太っているものが良いナスです。鮮度の目安としてはヘタの部分の色が黒く、スジが見えているようなもの。ヘタにはトゲがありますが、触って痛いと感じるくらいのものがとても新鮮です。ヘタに比べて実が小さい場合、そのナスはまだ熟しきれていないものなので避けます。皮の色は、緑黄色野菜すべてに言えることですが濃い色をしていて、かつツヤとハリがあるもの。ここが変色していたりしなびていると、それは鮮度を過ぎたナスだと言えるでしょう。また、ナスはトマトと同様に水分を多く含む野菜ですので、ハリツヤ以外にも手に持ってみて重みが感じられるものがベストです。

 

ナスに含まれる栄養価について

ナスの大部分は水分で出来ていますが、濃い紫色の中にはワインでも有名な「ポリフェノール」が含まれています。このポリフェノールにはコレステロールを下げる効果があり、かつ活性酸素を抑えてくれるのでアンチエイジングやガン予防にも効果を発揮してくれます。身体を冷やす作用があるため、暑い夏の季節にはぴったりの食材といえるでしょう。ちょうど旬の時期が7月から9月にかけてですので、一番暑い季節の食事に積極的に取り入れていきたいお野菜です。

コメントは受け付けていません。